武術の心得

一眼二足(速)三胆四力(いちがんにそく さんたんしりき)

唯心会 井上元勝先生の言葉)

 

「一番大切なのは、まず見ること。

足というのは、足の捌き、走力のこと。

胆は胆力、メンタルのこと。物怖じしない力。

最後に力や筋力があればなお良い。」

(大川師範より稽古中の解説)

 

武道家にとって一番大切なことである。

心得 みたいなものである。

 

武術には、

筋力は要らず

腰のひねりや

体重移動を使い

技を出すことがものすごく大切。

 

筋力の力を使った技というのは

自分自身も息が上がり疲れるし、

力が技の邪魔をしてしまい

一つ一つの技が決まらなくなる。

 

一眼二足三胆四力 ということは

頭の中で大切だと自覚しているにもかかわらず、

自分自身の身体はそのことに反したことをしてしまい、

疲れてしまう。

 

長い年月をかけて習得していくしかない

と自分で考え、稽古に励んでいる。