ガネーシャ静岡 アンプティサッカー

僕がアンプティーサッカーのガネーシャ静岡 

に練習参加するようになった経緯を投稿します。

アンプティーサッカーがあることを知ったのは、

4年位前の正月に開催された             

静岡パラフットボールフェスティバル に参加した時に、

片足でサッカーをしている選手を見たことがきっかけでした。

ちょうどアンプテイサッカーをやっていて、

片足が無いのに80キロ位のパンチのあるシュートを打つ選手がいて衝撃を受けました。

人間ってこんな事もできるんだ! と驚きました。

あのパンチ力だったら普通のキーパーでも多分とれないだろうと思いました。

アンプテイサッカーチームの代表に出会い、興味を持って代表の方に話しかけてみました。

僕は、CPサッカーをやっていることを話しました。

静岡にはCPサッカーをやっている人がまだ無く、

東海地区では 岐阜のチーム(FCプログレッソ) しかなかったので、

なかなか岐阜の練習に参加できていないこと等を説明すると

ガネーシャ静岡と練習してみないかと誘ってくださいました。

それからアンプテイの選手と一緒に練習させてもらうようになりました。

初めて練習参加した時、

CPのプログレッソの練習と比べて全然違い、

こんな障がい者もいるんだ!と驚かされっぱなしでした。          

片足なのにものすごい強烈なシュートをチームのメンバーがバンバン打っていて、

どうやったらこんなシュートが打つことができるのか

不思議に思ったことを今でも鮮明に覚えています。

ボールのスピードもあり、シュートも決め、

強豪校でサッカーを経験していた選手も多く、

サッカーってこういうものだとよく知っているので、

試合をする中でいろいろなやり方を学ぶ事ができました。

そして、この選手達と練習できたら必ず成長できると確信しました。

なぜあんな強烈なシュートを打つことができるのか、  

いろんな障がい者にふれあい

どのように障害を乗り越えているか、

という勉強ができています。

これからもアンプティーサッカーの選手から色々なことを学びたいです。

ガネーシャ静岡 というチームで練習させて頂いている自分が感じることは、

とてもアットホームで明るく、

チームを支えている人がどんどん話しかけてくれて、

その環境にいるだけで明るくなると思います。

見学しにきた人も、すぐにチームの中に入って体験し楽しめると思います。

選手一人一人が何らかの障がいがあるのに、

皆明るく、和気あいあいとサッカーを心から楽しんでいます。

良いプレーには素直に称賛して、例えミスをしたとしても、

マイナスな声かけではなく意識的にポジティブな声かけをしています。

一人一人が今の自分の目標を持ってトレーニングに取り組んでいます。

これから清水美晴 新女性監督になりました。

理学療法士の監督なので、僕には親近感があります。

チームコンセプトが『折れない心』です。

サッカーをすることで、

いろんな人と出会い、

いろんなアドバイスをもらえるし、

勇気ももらえます。

年齢、障害ある、なし、関係なく気軽に体験してみてはどうでしょうか?