CATEGORY

空手

  • 2022年8月11日

空手道 唯心会 

僕が稽古をしている春清館空手道場は、唯心会という流派に入っていて、この流派は琉球古武術保存振興会という井上元勝先生によって作られた流派に所属しています。 唯心会の空手は、空手の四大流派の糸東流に一番似ていて、型は、首里手、那覇手、泊手、新垣の手の型を習っています。 空手の型の総数は65あり、武器術の型の総数は44あるそうです。 その他に、基本組手や柔術で使う体術組手や、徒手術に対して相手が武器を持 […]

  • 2022年8月13日

オリンピック 武術とスポーツの違い

オリンピックが始まったので空手の師範にオリンピックの武道に関する事を聞いてみた。 メダリスト というのは柔道や空手の決められたルールにそって行ったものの世界一だが、 武術 としての『柔術』や『空手術』の世界一ではない。 なぜかといえば、僕の師範の師範 唯心会(井上元勝先生) が書いて残っている書面を見せてもらうと、そこには スポーツと武術は真逆のものだ と書いてある。 《武術》とは、 ☆決められた […]

  • 2022年8月8日

唯心会空手との出会い

息子の空手との出会いは突然だった! 小学6年生のある日曜日の朝、 当時毎週放映されていた 「笑っていい☆☆!」 という番組を見ていた息子が、 「母さん!これ習いたい!!」 と、大声で叫んでいたのである。 「何? 何を見て言っているの?」 と、私も慌ててテレビを見たのである。 『古武術』というもので、甲野善紀さんが ビール瓶の入っているケースを軽々と持ち上げたり、 テレビの出演者を人差し指一本で押し […]

  • 2022年8月11日

唯心会 空手の稽古 5

僕の通っている空手道場の(唯心会 春清館道場)の習う型は全部で66の型がある。 そしてさらに武器術が全部で42の型がある。 僕は空手術しかやっていないが、現在35の型を習った。          型以外に基本組手や体術等習う事がものすごく多いので大変だ。 一回一回の稽古で、少しずつ成長できていると感じるので就職しても稽古はできるだけ通いたいと思っている。 習い始めの頃は、10年以上も自分が空手の稽 […]

  • 2022年7月19日

空手の稽古 4

今日は空手の稽古があった。 蹴り10本組手をやった。 足の捌きと体重移動が難しいと感じた。   捌きをやる時、足の移動だけでやってしまうとバランスを崩してしまい、 技やタイミングがずれてしまう事が多かった。   心がける事は、 蹴る前に必ず片足に全て重心をのせきる事がものすごく大切である。   師範から、 組手の動作は単純だが、 全ての技を一瞬に決めきるレベルまで稽古 […]

  • 2022年8月11日

空手の稽古 4

今日の空手の稽古も 師範とのマンツーマンだった。 蹴りをする時に、 もの凄く力んでいる事を注意された。 繰り返しやっても師範の要求する最低のレベルに達しないので、 師範が実演して見本を見せてくれた。 力を抜くことが全ての技に共通するので、 肩の力を抜ききるようにと言われた。 力が抜けるようになるために稽古をするようなものだと言われた。 少しでも師範の技に近づくように努力していきたい。

  • 2022年8月11日

武術の心得

一眼二足(速)三胆四力(いちがんにそく さんたんしりき) (唯心会 井上元勝先生の言葉) 「一番大切なのは、まず見ること。 足というのは、足の捌き、走力のこと。 胆は胆力、メンタルのこと。物怖じしない力。 最後に力や筋力があればなお良い。」 (大川師範より稽古中の解説) 武道家にとって一番大切なことである。 心得 みたいなものである。 武術には、 筋力は要らず 腰のひねりや 体重移動を使い 技を出 […]

  • 2022年7月19日

空手の稽古 1

12月22日 今日も空手の稽古に行ってきました。 今日は師範とのマンツーマン稽古でした。基本の突き蹴りなどをやりました。 突き終わりに、どうしてもブレが出てしまい止まらない。最近は基本的な技の稽古を多くこなしていて、基本でシンプルな技だからこそ難しいと思っています。 昇段しレベルを高めると一つ一つの技の奥深さを感じ努力し続けなければいけないと思っています。 物事を継続し続けることは大変だし怠けてし […]