生活すべてがリハビリ

僕自身、幼稚園の頃はリハビリに行く事が障害を克服する上で一番重要なことだと考えていた。

しかし小学校入学してから担任の先生が、

「学校での授業時間よりも、家に帰ってから自分のために勉強する時間のほうが成績をのばすためには大切だよ。

なぜなら学校にいる時間より家にいる時間のほうが長いから。」

と授業の中で言っていた。

その言葉を聞いて、リハビリは

病院でのリハビリをしてもらう時間よりも、

家に帰ってからどのようなことをするのかという方が

障害を克服するためには大切ではないのかなと考えていた。

なぜなら一週間の中で、リハビリを先生から受ける事が週に2回あったとしても2時間だ。

そのほかの時間は、家か学校等で生活している。

家で生活する中で、考え方によって日々の生活に必要なことが自分にとってリハビリになることがたくさんある。

リハビリに通うだけではなかなか自分でできるようになることは難しいと思う。

例えば

食事は箸を使って食べること、

服のボタンを自分で閉めること、

靴紐を結ぶこと

等はほとんどOTのリハビリと同じ効果があると思う。

僕自身今述べたようなことを

時間がかかってもやることで、だんだんできるようになり、

今では何の苦もなくこなせるようになってきた。

空手の稽古中に師範から

「道場の稽古を稽古だと思うな。

上手くなりたいなら自分で時間を作って稽古しろ。」

と言われた。

この話を聞いた時、リハビリも同じだと思った。

できないことをできるようにするには反復練習が必要だ。

反復練習は長い時間がかかるので

家でやる方ができるようになりやすいと思う。

家にいても考え方によっては

PT、OT,STの訓練を意識してやることが出来ると思う。

今日は自分の部屋の片付けをした。

僕は大学生になってから一人暮らしをしている。

部屋の片付けや掃除は、自分自身の手のリハビリになっていると思っている。

小さなゴミを指先でつまんでゴミ箱に捨てる事を意識的にやったり、

道場では稽古前に床の雑巾掛けを必ずするので、家でもしている。

雑巾絞りは、握力のトレーニングになるので強く絞るようにしている。

子供の頃は、左右逆に同時に手を回すことが難しく、なかなか強く絞る事ができなかった。

なのでまずは片手だけで絞る練習をし、両手を片方ずつしっかりと絞る事ができるようになってから、

両手で同時に絞る事ができるようになった。

自分にあったやり方を考えながら、失敗してまたやり直す。

動作のゴールをイメージして、それに向かって試行錯誤して繰り返していく事が、

最終的にできるようになる最短ルートだと思っている。

一度マスターしてしまえば、自分の能力の引き出しにしまわれるので、

できなくなることはそうないと思う。

ひとつひとつの動作をそこまでマスターするレベルまでもっていくのが、ものすごく大変だと思う。

健常者も障がい者もそれは同じで、なにかを高いレベルまでもっていくのは難しい。

だいたい中途半端で終わってしまう。

根気強く完璧なものに仕上げた人がプロになっていると思う。

考え方次第で、壁になっている事や限界を突破できると思う。

僕は今振り返ると、24時間どんなことをしていても

自分で障害をどうしたら少しでも改善できるか

を考えていたと思う。