ボイタ法の効果を感じた出来事

僕がボイタ療法を始めて25年になる。

ボイタ法をやって良くなっていると初めて感じたのは、幼稚園の年中の時だったと思う。

幼稚園の運動会の種目に障害物競走があり、

練習の時ハイハイをやって袋の中で足が引っ掛かりできなかったのに、

ボイタ法をやったあとには運動会本番に足を引っ掛けることなくできるようになった

という記憶が強くある。

ボイタ法のリハビリで運動会に向かって体調を整えてもらうことにより、

みんなの前で完走できたことが

初めて達成感を感じた出来事だった。

ちなみに僕が初めてなんとか歩くことができるようになったのは、

幼稚園の年少の入園式だったそうだ。

その後も20年間 現在までボイタ法を続けたおかげで

走ることもできるようになり、

自転車にも乗れるようになり、

空手もサッカーも大好きなスポーツを続けることができている。

ボイタ法の効果を信じて続けてきたことが、

継続する力を身につけられることになり、

自信が持てるようになり、

挑戦する力をつけてくれたのだと思う。