MONTH

2021年4月

  • 2021年4月30日
  • 2022年4月16日

私立小学校での経験が自信となる

僕自身小学校6年間を、公立小学校でも特別支援学校でもなく 私立の小学校で過ごすことができて、 すごく自信に繋がったと思う。 それは児童の数が少なくて、教員の目が一人一人によく届いていたからだ。 小学校入学の頃は歩くことはできたがまだまだ不安定で、健常者の友達と普通に学校に通うことができるか不安だった […]

  • 2021年4月29日
  • 2022年4月27日

ボイタ法のキーポイント

患者にとって ボイタ法の上向きの訓練は、 一番無理がない姿勢のセッションだと思っている。 だからこそ患者は上向きの姿勢での訓練時に、 力を意識的に抜いて リラックスしてじっとしていることができるようになること が大切になる。 ボイタ法で身体を良くしていくための一番のポイントも、 上向き、下向き、横向 […]

  • 2021年4月29日
  • 2022年4月16日

障がい児の私立小学校との出会い

幼稚園に入園後も息子にはまだまだできない事がたくさんあり、 次の壁となる3年後の小学校入学の事まで とっても想像できなかった。 歩けるようにはなったが、それは平らな床の上での事で、 傾斜のある坂や段差のある所や 砂利道などでは、バランスが上手くとれずに転びやすいので、 手を繋いで何とか歩ける状態だっ […]

  • 2021年4月27日
  • 2022年4月16日

好きを継続する子育て

息子には見た目にはわからないが、上肢運動機能障害もあるので、 手先の細かい作業をする事は苦手だった。 小学校も中学校も図工の時間では、工作をしたり、デザインしたり、版画をしたり…と手を使う。 ハサミの使い方も苦手で、工作は苦手分野ではっきり言って下手くそなのだ。 でも絵画の面では、下手だけど自分の思 […]

  • 2021年4月25日
  • 2022年4月16日

ボイタ小僧の母として

桜満開の2020年4月、 障がいを持って生まれた息子が県職員として社会人1年生となった。 障がいをもった子を育てるという事は、 どこまで成長できるかと先が全く見えない苦戦の日々だった。 ゴールが何処かわからないけれど突き進んできて、 こうして公務員という職に就く事ができるまで成長してくれた事は想定外 […]

  • 2021年4月24日
  • 2022年4月16日

待つ子育て

絵画教室に通うようになったが、 息子にとって絵を描く事もリハビリの一つのようなものだったのかもしれない。 手にも障がいがあったので、 腕に力が入ってしまったり、 手先を使う細かい作業が苦手だった。 でも絵を描くために、 腕の力を抜いて大きく動かして描いたり、 細かく描いたり、 絵の具の小さなふたを開 […]

  • 2021年4月23日
  • 2022年4月16日

幼稚園時代の習い事で良かったこと

障がいがあっても息子が好きな事や、身につけた方がいい事や可能性を探る為に、 幼稚園に通っている3年間はいろいろな事を体験させてみた。 ・リトミック教室・体操教室・絵画教室・水泳教室 どの教室も友達の紹介や、私が調べて先生を探し指導して頂いた。 どんな事に興味を示すのだろうか? どんな事にむいているの […]

  • 2021年4月22日
  • 2022年4月16日

入園式で独歩できますように

幼稚園入園前に、 リハビリを集中してやってもらう為に母子入院をした。 目標は、 『入園式で歩けるように』だった。 入園式当日、親はホールの席にて座って待っていた。 そして新入園児の入場である。 一人で歩いて来れるだろうか…? 不安で心臓がバクバクしていた。 すると、年長のお兄さんお姉さんが新入園児と […]

  • 2021年4月21日
  • 2022年4月16日

息子の空手道人生の始まり

息子の空手との出会いは突然だった! 小学6年生のある日曜日の朝、 当時毎週放映されていた 「笑っていい☆☆!」 という番組を見ていた息子が、 「母さん!これ習いたい!!」 と、大声で叫んでいた。 「何? 何を見て言っているの?」 と、私も慌ててテレビを見たのである。 『古武術』というもので、 ビール […]

  • 2021年4月20日
  • 2022年4月16日

障がい児の幼稚園との出会い

息子の保育園は2才児までの小さな家庭的な園だったが、 卒園したらそのあとは何処へ通ったらいいか? は、全く考える余裕無く過ごしていた。 何故なら、まだ3才の段階で、 自分で歩く事ができなかったからである。 それまではとにかく リハビリに通う事が、一番の親子で頑張る事だった。 理学療法士の山内一之先生 […]