MONTH

2021年3月

  • 2022年9月29日

アミザーデの輪を広げたい

私は、将来やりたい事が三つある。   一つは、社会福祉士の資格をとり、 人の相談などを聞いて解決に導く事だ。   主に障がい児やその家族の悩みを聞いてあげたい。   私自身障がいを持っている。 18年間生きてくる中で大変だった事や悩んだ事はたくさんある。   例えば、 なぜ大変なリハビリをしなければいけないのか、 なぜ私は、皆と同じように走ったり、 サッカーで強くボールを蹴る事ができないのか、 な […]

  • 2022年8月1日

パラフットボール3

昨日、アンプティーサッカーの練習に行ってきた。 初めて天井付きの屋外コートでの練習会だった。みんな楽しく良いトレーニングができた。 主に体当たりの体幹部のトレーニングや、2対1での状況判断のトレーニングに時間をかけていた。 相手との接触時にバランスを崩されやすいので,自分としてはどのようにして相手の体当たりをいなしてボールをコントロールするかが大切なポイントだと思う。 空手もサッカーも体の力を抜い […]

  • 2022年10月1日

唯心会 空手の稽古 5

僕の通っている空手道場の(唯心会 春清館道場)の習う型は全部で66の型がある。 そしてさらに武器術が全部で42の型がある。 僕は空手術しかやっていないが、現在35の型を習った。          型以外に基本組手や体術等習う事がものすごく多いので大変だ。 一回一回の稽古で、少しずつ成長できていると感じるのでこれからも稽古はできるだけ通いたいと思っている。 今日は稽古が一人だったので、久しぶりに棒の […]

  • 2022年10月2日

ボイタ法の効果を上げるために

  患者がボイタ法を受けていて、ベットに寝ている時(どの方向でも)に 患者本人がリラックスできていると、ボイタの反応はで易くなる。 反応が出ている時は、 刺激をしている筋肉は働いているが、 体の芯は空洞のような感覚で力が抜けるので、 患者も楽だしセラピストも押さえつけずに楽に反応を出しやすくなると思う。   例えてみると、風船の中に水を入れると中は水で重くなり、 外はゴムの伸びがない感じだが、 逆 […]

  • 2022年7月19日

空手の稽古 4

今日は空手の稽古があった。 蹴り10本組手をやった。 足の捌きと体重移動が難しいと感じた。   捌きをやる時、足の移動だけでやってしまうとバランスを崩してしまい、 技やタイミングがずれてしまう事が多かった。   心がける事は、 蹴る前に必ず片足に全て重心をのせきる事がものすごく大切である。   師範から、 組手の動作は単純だが、 全ての技を一瞬に決めきるレベルまで稽古 […]

  • 2022年10月3日

パラフットボール

静岡県では、7つのパラフットボールをたくさんのみなさんに知ってもらうための活動が始まります。 4月から月に一度パラフットボーラーが集まり講演会、体験会を実施していきます。 (地元企業さんの協賛、応援により)どなたでも無料で参加できます。 場所は、 エスパルスドリームフィールド清水です。 第一回目は『アンプティサッカー』です。 (4月3日(土) 16時〜18時) ガネーシャ静岡AgFC の若杉幸治( […]

  • 2022年10月3日

パラフットボール 1

僕は、幼稚園の頃から                                ボールを壁に蹴ってあてて遊んだり、 Jリーグの観戦が大好きだった。 小1の時に日韓W杯を見て感動し、 サッカーというスポーツがもっと好きになった。 それは、 […]

  • 2022年10月3日

ボイタ法施術中に子どもが泣く理由

「ボイタ法の指圧が効いているか、いないか は、いつ頃からわかったの?」 と、このブログを書いている時に母に聞かれた。 そんな事今ごろ何で聞くのかと思ったが、 効いているかどうかを話して伝える事ができなかっただけで、 1から2才位にはとっくに気づいていた。 感覚的なものなので、言葉で表現する事は難しいが、 施術中に赤ちゃんが 泣く=効いていない と思っていいと思う。 泣く要因として考えられるのは、 […]

  • 2022年9月30日

僕がブログを始めた理由

僕は出産時仮死状態で生まれ、上肢と移動運動機能障害がある。   生後6か月からリハビリを始め、 理学療法の一つであるボイタ法を11ヵ月の時から25年続けている。 ボイタ法のおかげで、今では走ったり自転車に乗ることもできるようになった。 子どものころは、リハビリに行くことが嫌だったこともあったが、 今では自分自身の生活リズムの一つになっている。 ボイタ法を続けてくることで、体の調子もよく元気に生活す […]