全人口総障がい者化

昨年のNHKのテレビ番組で出演していた

脳性麻痺の医師 熊谷晋一朗氏が、

現在はコロナウイルスにより、

「全人口総障がい者化」している

のではないかと言っていたので、

 

どんな人なのか調べてみた。

東大医学部卒
先端科学技術研究センター准教授

小児科医

障害を持つ当事者として

「リハビリの夜」という本も出版されている。

是非今度読んでみたいと思っている。

 

 

今コロナという病気が流行り、

緊急事態宣言も出され、

平時のように普通の生活が行えなくなっている。

 

障がい者と健常者の違いとは何なのだろう?

 

健常者には「普通」に行えていることが、

「普通」にできない人を障がい者

と判断している人が多いのではないかと僕は思う。

 

『普通』とは何なのだろう?

 

今は緊急事態で、これまでできていたことが、

自粛やお店の時短要請等によってできないことが多く、

一時的に、不便な生活、

『全人口総障がい者化』

になっているのではないかと思う。

 

大学の講義で、一部の海外の国では、

別の国から移住してきた人に対して、その国の言語や生活習慣が身につくまで、

障がい者としての手帳を交付し生活のサポートを国が行っていると聞いた。

 

今すべての人々が生活の中で不安があるなら、

国や地方自治体が今を乗り越えていくためにもっとサポートすべきだと思う。