障がい者の旅に必要なこと

今回は、障がい者の僕が一人で県外等に旅に行くことができるようになった理由を書こうと思う。

中学生の時、CPサッカーの日本代表の選考合宿に母と横浜まで新幹線を利用して行った。

僕以外の代表選手達は、身体障がい者でありながら大きなスーツケースを持って駅の階段を上り下りし、全国から一人で参加していて僕と母は驚いた。

僕は代表選考合宿に参加するまで、どんなところに行くにも両親に連れてきてもらっていた。

合宿に参加して、代表になるためにはサッカーの技術や力よりも、

まず一人でどんなところにも自分の力で出かけることができないといけないと感じた。

その経験から、高校はあえて電車を使い通う高校を選び、公共機関を使う練習を毎日学校に通うことでできるようになったと思う。

まず一番大切なのは、 家から目的地までしっかりと一人でたどり着くことができるようになることだ。

なので僕は高校時代電車で通学し、下校後はバスを使い、

リハビリをしてもらう医療施設に通っていた。

障がい者だと親等がすべて世話をしてくれたり、助けてくれる為、

急に社会に出てから一人で行動することは大変だし困ることになるので、

公共機関を使う練習を高校生の間にするべきだと実感している。

自分一人で公共交通機関を使って出かけたことがないと、

どのようにして切符を購入するのか?

どのホームの電車に乗るのか?

などという基本的なこともできず、どうしたらいいかわからずパニックになってしまうと思う。

地方都市ならそんなに路線がないので大きなミスは起こりにくいと思うが、

都会だと路線が多くあり、間違えるととんでもないことになってしまう。

公共交通機関を使うということは、

時間の逆算もして移動することになる。

乗る時間に遅れれば、次の電車を待つということで時間のロスをすることになる。

僕は高校の下校途中で疲れていて寝てしまい、

自分の降りる駅を過ぎてしまい、

家につくまで普段の三倍の時間がかかってしまったという経験を何度かしたこともある。

障がい者にとって公共機関を使う経験の壁が、

勉強の壁よりも大きいと思う。

すぐに交通機関を使い、慣れるのは無理なので、

高校三年間のうちに少しずつ経験を積んでいくことが、

成長への近道ではないかと思う。

学校の勉強より大切な人生を豊かにすることを学べると思う。

たくさんの失敗もした。

しかし僕はこの経験のおかげで、岐阜でのサッカーのチーム練習や、

全国の代表合宿、空手の全国大会出場など、高校生の時から自分で出かけられるようになった。

これができるようになってからは、世界が大きく広がっていったと思う。