僕のリハビリの信念

一年前の令和2年2月11日

野球の野村監督が亡くなった日に、

監督を偲んで番組の中で昔の映像が流れていた。

その中で
「野球で一番大切なことはなんですか?」

という子どもの質問に答えて、

『努力に勝る才能なし』

と言っていた。

 

 

リハビリでも空手でもそうだと思う。

結果がすぐ目に見えないが、

基礎づくりを徹底的にやる事が一番大切だと思う。

ふと振り返ってみると自分の成長に気づく。

 

障がいはいきなりよくはならない。

 

自分の信念は、1cmでも障がいがよくなろうと思って生きている。

障がいを治すということはそういうことだと思っている。

 

ただ思うだけでなく、思ったこと、信じたことをやりまくる。

これが歩けるようになるために努力したことである。