ボイタ法の効果2

12歳の時、ボイタ療法の講習会のモデルをやった時にすごくビックリした体験について投稿しようと思います。

ドイツ人のミューラー氏に下向きのクリーヘンという療法をやっていただいた時に、

踵の出発肢から指圧によって頭の先端部まですごいスピードで反応が出た(通った)

ことを憶えています。

それまでそんな経験を感じたことはありませんでした。

講習会を受講していた若いセラピストの先生が同じように実際にやってみると、

反応が出たとしても、

車が渋滞しているような感じで反応が進んだり停まったりで滑らかな進み具合ではありませんでした。

ミューラー氏は、

出発肢からロケットが発車したかのような感じでした。

「なんだこれは‼️」

「ボイタでこんな事できるんだ‼️」

と驚きました。

さらに驚いた事に、

力技でなく、指でぽんと押されただけで通ってしまいました。

普通は指で押さえつけて通そうとする先生がほとんど

だと思いますが、

力が入っていないので無理がなく、

患者の身体も反抗がないため反応がすぐ出るのだと思います。

後日、担当セラピストにこの体験を話すと、

全く同じように踵から頭まで通してやってくれました。

現在でもこの業ができるセラピストは

世界に?日本に? 数人しかいない

と僕は思っています。

このレベルの質の療法を受けたら、

桁違いに身体全体の筋肉が滑らかになり、

身体の無駄な力が抜け、

身体がものすごく楽になり、

歩く時に足を前に出しやすくなりました。

あと、力が入って肩が上がっていたのが抜けて肩が下がって楽になりました。

当時の僕が受けた時のボイタ療法の効果です。

現在はまた別の効果があると思うので、また投稿します。