SEARCH

「息子」の検索結果28件

  • 2022年5月23日
  • 2022年5月23日

諦めない心

CPサッカーで知り合った名古屋の親子が出演していると連絡をいただき、 〈合唱ミュージカル ガンバと仲間の大冒険〉を視聴した。  コロナがあり久しぶりの公演とのこと。 親子やさまざまな年齢の方が稽古に励み、上演することができてよかったと思う。 みんなで一つのものに向かって力を出し合い、努力し、成長し、 […]

  • 2022年4月26日
  • 2022年4月30日

ボイタ法 施術前と後の変化

〈 ボイタ法 リハビリ前 動画 〉 仮死状態で生まれ 生後11か月から 続けてきたボイタ法 息子は中学生になってから自転車に乗る練習をし、だいぶスムーズに乗れるようになった。 リハビリ前とリハビリ後の動画 (自転車の乗り方や食器の操作方法の指示はありません) を撮ってもらって見ると、 明らかに動きが […]

  • 2022年4月26日
  • 2022年4月27日

乳幼児の個別支援

児童発達支援の仕事へのチャレンジが始まりました。 保育士をしていた時には、少し気になる行動をしている子や、発達がゆっくりだと思う子に、 もう少し丁寧に適切な指導や関わりをしたり、 じっくりと関わる時間があればもっともっと伸びるだろうのにと、 歯がゆい思いを持って過ごしていました。 児童発達支援をやっ […]

  • 2022年4月14日
  • 2022年4月16日

児童発達支援人生の始まり

3月で定年退職をし、いよいよ新学期。 子どもたちと同じように新しい生活が始まった。 子ども達と違うことといえば、私は2度目3度目の新たな仕事の始まりである。 児童発達支援の仕事にチャレンジしようと思った大きなきっかけは、 まず息子の自立ができたことが大きな要因である。 息子が大学生の時、講義で聞いた […]

  • 2022年3月27日
  • 2022年4月15日

えじり保育園 のぞみ保育園の仲間

無事に卒園式を終えることができてほっとしています。 サプライズの会もしていただき、『プロフェッショナル 主任の流儀』の動画も作成してくれてありがとう。😭 今まで毎日過ごした子ども達、仲間の先生達との別れ。 今日は絶対に泣かないように、笑顔で終われるようにしようと朝から心に決めていまし […]

  • 2022年2月19日
  • 2022年4月15日

静岡新聞 ひろばの投稿を読んで

今日の静岡新聞朝刊の〝ひろば〟という投稿欄の中学生の記事にとても共感した。 障がいを持っている人に対する寄り添う心と、今後の課題を提示してくれている。 こんな素直な気持ちを持つ中学生がいてくれることがとても嬉しい。 心で思っていてもなかなか行動できなかったり、理解できない大人もたくさんいる。 障がい […]

  • 2022年2月16日
  • 2022年4月15日

障がい児が大きな壁をのりこえるには

障がいをもつ子の成長は、まさしくバリアフリー の道路と同じだと思う。健常者は普通に階段を一段一段上ったり、一段抜かしで駆け上がったりして、最短ルートで進む事が可能だが、 障がい者(身体障がい者)は階段が上れない、使えない、人が多い。 だから階段横のバリアフリーのスロープを使い、なだらかな坂を回り道し […]

  • 2022年1月14日
  • 2022年4月15日

逆転の発想で高校進学

息子が高校進学を考えている時、オープンキャンパスへ行ったり説明会で相談したりして 進路をどうするか悩んだ時期がある。 息子は身体障がいを持っているので、健常の子達との生活や勉強に無理があるのではないかと心配に思って過ごしていた。 大勢の生徒の中でみんなについていけるだろうか?  この先息子はどうなっ […]

  • 2022年1月12日
  • 2022年4月15日

出産という落とし穴

結婚後は東京のT病院の近くに住んでいたので、妊娠後の妊婦健診はT病院の産婦人科を受診し、日本最先端技術の機械で検査を受けていた。 手も足の指もちゃんと5本ずつありますよ、心臓も何も問題ありませんと、 25年前の超音波検査で鮮明な映像を見せてもらっていた。 全く異常無く赤ちゃんはお腹の中で順調に大きく […]

  • 2021年9月20日
  • 2022年4月16日

ボイタ法とボバース法の感じ方の違い

今回は、僕が患者として25年間受けてきたリハビリ 理学療法の ボバース法 と ボイタ法 で感じる【 違い 】 について書こうと思う。 これから書くことは、あくまでも 患者である僕の経験からの主観である事を理解して読んでもらいたい。 僕は仮死出産で生まれ、脳性麻痺(アセトーゼ型)である。 生後5か月か […]