CATEGORY

空手

  • 2021年3月13日
  • 2021年11月23日

全国大会に向けての稽古

今日の空手の稽古で、蹴り10本組手をやった。 足の捌きと体重移動が難しいと感じた。 捌きをやる時、足の移動だけでやってしまうとバランスを崩してしまい、 技やタイミングがずれてしまう事が多かった。 心がける事は、 蹴る前に必ず片足に全て重心をのせきる事がものすごく大切である。 師範から、 組手の動作は […]

  • 2021年2月27日
  • 2021年11月21日

自己アピール

私の長所はプラス思考で、くよくよせず 継続する意思をもっていることだ。 リハビリは約25年通い、 今では走ったり自転車に乗ることもできるようになった。   またサッカーや空手も続けている。 障がい者空手では、全日本大会で連続でメダルをとることができた。 現在はコロナの影響で行くことができて […]

  • 2021年2月25日
  • 2021年11月23日

力を抜き切るための稽古

今日の空手の稽古も 師範とのマンツーマンだった。 蹴りをする時に、 もの凄く力んでいる事を注意された。 繰り返しやっても師範の要求する最低のレベルに達しないので、 師範が実演して見本を見せてくれた。 力を抜くことが全ての技に共通するので、 肩の力を抜ききるようにと言われた。 力が抜けるようになるため […]

  • 2021年2月16日
  • 2021年11月23日

最少のエネルギーで最大の威力を出す

今日は空手の稽古に行って来た。 師範とのマンツーマン稽古だった。 片足にしっかり体重が乗っていないのでキレの良い技が出ない。 これから基本を大切に自分のレベルを少しでも上げられるように、一回の稽古を頑張りたい。 師範によく言われる言葉 「 最少のエネルギーで最大の威力を出せ」   合気道の神様 塩田 […]

  • 2021年2月1日
  • 2021年11月23日

受け身の重要性

受け身の重要性を感じたことを投稿します。 今日は駅の近くで段差に躓いて転んでしまいました。 しかし空手で習っている前回り受け身をしたので怪我をする事がなく良かったです。 咄嗟の時は日々やっていることが出るのだと思うので 自分の身体を守ることができるように稽古を頑張ります。 師範から 「物事を注意深く […]

  • 2021年1月29日
  • 2021年11月23日

片足立ち練習

今日は家で片足立ちの練習をやった。 右足を軸足にした時は左足よりバランスを取れていたが 左足を軸足にした時は、 すぐに身体のバランスを崩してしまった。 これからは左足を軸足にする片足立ちの練習を、 バランスがうまく取れるようになるまで継続したい。   PS. 反復練習だけでは、悪くなること […]

  • 2021年1月28日
  • 2021年11月23日

楽をせず難に赴く

今日は空手の稽古に行ってきた。 師範に膝あて稽古の時に、肩の力が入っているためバランスを崩すと注意を受けた。 休憩時間に 「楽をするな!難に赴け」 と言われた。 苦手意識のあることに力みが生じると気づいた。 これからは、一日10分片足立ちのバランストレーニングをしようと決めた。

  • 2021年1月27日
  • 2021年11月19日

空手を始めるきっかけ

こんにちは。今日は僕が空手を習い始めたきっかけについて投稿しようと思います。 僕は今通っている道場に2008年に入門しました。   武道を始めた思ったきかっけは、 当時テレビで甲野善紀さんが古武術を使い、 ビール箱を簡単に持ち上げたり、 テレビの出演者を人差し指一本で転ばせている映像を見て […]

  • 2021年1月12日
  • 2021年11月23日

武術の心得

一眼二足(速)三胆四力(いちがんにそく さんたんしりき) (唯心会 井上元勝先生の言葉) 「一番大切なのは、まず見ること。 足というのは、足の捌き、走力のこと。 胆は胆力、メンタルのこと。物怖じしない力。 最後に力や筋力があればなお良い。」 (大川師範より稽古中の解説) 武道家にとって一番大切なこと […]

  • 2021年1月11日
  • 2021年11月23日

極める領域とは

誰にだって 突いたり蹴ったりすることはできる。 だけどそれをより極める領域まで達した人はごく一部しかいない。 たった一発でため息が出るような領域というものがある。 本当に凄いものはそういうものだ。 たった一撃を極めなさい。 (唯心会 空手の師範より) 本当に凄いものは声も出ない。 メッシのシュートを […]