鉄は熱いうちに打て

世界ランキング2位のボッチャの杉村英孝選手が、

ボッチャ最強王国であるタイのエース ワッチャラポン・ボンサーを破って

日本初の金メダルを獲得した。

金メダルと銀メダルは天と地の差だ。

金メダルだけが表彰式で国歌がかかるからだ。

本当におめでとうございます!

解説者が、

「杉村選手はゾーンに入っていましたね。」と言っていた。

本当にやり抜かないとゾーンには入らない。

ファイナルにいくだけあって大した先輩だ!

優勝インタビューを聞いていたら、ボッチャを始めて20年になるそうだ。

スポーツばかりでなくリハビリも同じだ。

それ位やらないと良くならないしだめだ!

新聞記事には、

『東京パラリンピックは過去の自分に勝つことをテーマにやってきた』

と載っていた。

大会に向けて基礎を見直して練習を続けてきたそうだ。

僕の空手の師範が、

『鉄は熱いうちに打て』

とよく言う。

杉村選手は、ずっと鉄を熱くしていたから、

たたいて技術が変わって

強くなっていけたのだと思う。

インタビューでは、

「ボッチャの未来を切り開き、さらに知名度を上げていきたい。」

と言っていた。

明日から団体戦が始まる。

楽しみだ。