障がい児の幼稚園との出会い

息子の保育園は2才児までの小さな家庭的な園だったが、

卒園したらそのあとは何処へ通ったらいいか?

は、全く考える余裕無く過ごしていた。

何故なら、まだ3才の段階で、

自分で歩く事ができなかったからである。

それまではとにかく リハビリに通う事が、一番の親子で頑張る事だった。

理学療法士の先生には、

「まだなるべく歩かせないように。ハイハイをいっぱいさせて下さい。」

と言われていた。

綺麗な四つ這いで動けなければ、

綺麗な姿勢で歩けるようにはならないとの事。

人間が ‘’歩く‘’ という動作は、

意識せずあたり前に身についてきた私にとって、

四つ這いの姿勢がそのまま立ち上がり、歩く動作になっていくのだと、

初めて知り思い知らされた事だった。

それを聞いてから、

息子に早く歩けるようになって欲しい という思いから、

時間がかかってもきちんと歩けるように… と、

理学療法士に言われたように、ひたすらハイハイで移動する事を促していくようになった。

普通なら当たり前にできる

‘’歩く‘’という動作が、障がい児には努力の必要な事なのだ

と気付かされたのである。

保育園の頃の息子は、いろいろなものに興味を示すので

自分で何処でもどんどんハイハイで移動していた。

外でもアスファルトの上でもハイハイするので、

膝を擦りむかないように膝当て(サポーターのようなもの)を何枚も手作りした。

まだ歩けない状態で保育園が修了したらどうしようか…?

どうなるのだろう?

何処へ行こうか?

行けるところはあるのかな?

と不安が募る事もあった。

言葉が出るようになるまでは、知的に問題はないだろうか?

と心配にもなったが、

2才過ぎておしゃべりするようになり、

おしゃべりできれば友達とのコミュニケーションもとれるだろうと少し安心した。

その後、小学校に入学する時の事も考えて、できることなら保育・養育をする保育園でなく

きちんと教育を受け、個性を伸ばせるところは伸ばしていきたいと思い、

幼稚園の入園を考えるようになった。

理学療法士の先生が、

「幼稚園に入園する前に母子入院をしてみたらどうですか。歩けるようにしますから。」

と言って下さった。

藁をも掴む思いで母子入院をし、理学療法士のリハビリを毎日受け、

“歩く” というこの難関を突破する事ができたのである。

とっくに入園受付は終わっている時期だったが、

幸いな事に保育園の園長先生が以前勤めていらした幼稚園を紹介してくださった。

この幼稚園が息子にとって 願ってもない環境だったのである。

年少組、年中組、年長組、各1クラスずつで、20名定員だった。

平屋建ての園舎なので階段は使わなくてよく、

やっと歩けるようになったばかりの息子には安心だった。

園庭も各クラスの部屋の目の前にあり、

1〜2段位の段差で自分で外に出られるようになっていた。

一度見学させて頂いただけで、

ここなら息子も楽しく過ごせそうだと思い、即入園をお願いしたのである。

この幼稚園での生活で、

友達がやっている事を見て、同じようにやってみたい!

どうして僕は上手くできないのだろう?

どうやったらできるのか?

等と、友達との遊びの中で考え試していたようだ。

息子のチャレンジ精神は、この頃日々養われていたのだと思う。

キリスト教保育の幼稚園で、障がいと特別視するのでなく、

みんなと同じようにできないことがあっても丁寧な関わりをして下さり、

息子のできるところを伸ばして認めてくださる先生方で、安心して通うことができて本当に感謝している。

幼稚園入園後も、成長段階に合わせて母子入院をして集中してリハビリする事を勧められ、

1才から小学校入学までに、2ヶ月〜3ヶ月間の入院を5回したのである。