障がい児の親が願う高校選び

小学校は少人数での教育を受けるために私立小学校を息子が選択して受験し、

中学は地元の友達と一緒にサッカー部に入りサッカーをしたいという希望を持ち、公立中学へ進んだ。

ボイタ法というリハビリのおかげで、歩いたり走ったりできるようにはなっていたが、

上肢下肢に身体障がいがある息子にとって健常の子達との中学での生活は、

みんなと同じようにやることは無理なこともあり大変なことがたくさんあったはずである。

多感な時期になってきていたので、親に何でも話すおしゃべりな息子でも、

自分に都合が悪いことや、親に知られたくないことは話さなかっただろうから、

私の知らない息子の辛いことや、悔しかったことは数えきれない位あったはずだ。

しかし息子は大好きなサッカーができることと、

リハビリに続けて通うことを生活の一番重要なことと考え、

大変なことも乗り越えていたと思う。

当時の担任の先生や周りの友達には、手伝ってもらい助けてもらい、

指導していただき、たくさん迷惑をかけていたと思う。

親にできる事は、

息子が興味を持つこと、やってみたいこと、

挑戦したいことなどを見守りサポートするくらいだったので、

できるだけ選択肢を増やすために視野を広げてあげたいと思い、

いろいろ調べたり聞いたりして情報収集した。

そんな時に障がい者サッカーというものがあることを知った。

中学の健常の子達とのサッカーで、うまくできないながらもいろいろ経験し楽しさを感じていた息子に、

同じ障がいを持つ子、人たちのカテゴリーがあることを知らせると、すぐに見学に行ってみたいと言った。

CPサッカー協会にすぐ連絡をとり、横浜で行われる日本代表合宿に気軽な気持ちで見学に行った。

視野を広めるということは、まさしくこの参加が息子のその後の進む道を大きく左右するターニングポイントの出来事になったと思う。

息子より障がいの重い選手が、不自由な身体で駅のホームを大きなスーツケースを持ち上げ階段を降りていた。

年齢も息子より少し上くらいで、付き添いの人はなく一人で参加していた。

その姿は息子にとっても私にとっても大きな衝撃だった。

あとから聞くと日本代表合宿は何度もあり、選手は全国からみんな自分で通って来るとのことだった。

中学生の息子を見て私は、

『無理だ!一人で来るなんて!』と思った。

地元での生活は、通院時や試合などの時も車での送迎のため、

これまで一人で公共機関に乗って出かけさせたことはなかったからだ。

しかしこの出来事が、息子と私のその後の物事を決める重要なポイントになったのである。

一人でいろいろな所へ行けるようになることが、

サッカーが上達するよりもまずできなくてはならないことだ と

親子で感じたことだった。

息子が中学3年生の夏頃の面談で、

担任の先生に高校進学のために、一応特別支援学校(肢体)を見学してみたらどうかと言われたこともある。(今になって聞くと支援学校の高等部は見学参加していないと受験できなかったらしい)

とりあえず特別支援学校を見学に行ったが、息子はここに来る気は全くないと言った。

ではどうするの? 

その頃CPサッカーをやるために、静岡から一番近いのが FCプログレッソという岐阜のチームだったので、岐阜へ通うようになっていた。

岐阜への道中は、行きはいいが練習後の帰りはくたくただった。

今後もし合宿などであちこち行くようになったら、きっと身体がおいつかず、

さらにメンテナンスが必要で、リハビリも必須条件だ。

今までは義務教育なので学校を遅刻したり早退してでも通院やリハビリを優先にしてきたが、

高校の授業は休めずにいけるだろうか? 大丈夫だろうか?

その頃の息子の夢は、自分の身体を治してくれている憧れの先生のように理学療法士になることだったので、

高校卒業後は就職でなく一応進学を目指すことになるだろう。

普通高校を考えたが、一クラスの人数も多くそこでついていくのが大変になるかもしれない。

そこで挫折したら進学の夢もあきらめなくてはならなくなるだろう。

 今息子に必要なことは何だろう? 

ということをまず考え、候補の高校を調べていった。

・高校進学後もリハビリを最優先に通いたいこと。

・リハビリのための病院へは自分で通うこと。

・CPサッカーを頑張り、今後日本代表選手選考にチャレンジしたいこと。

・県外での練習や全国合宿や海外遠征があること。

・理学療法士になるために進学をめざすこと。

・公共機関が使えるようになるために、電車やバスを使って通学すること。

この条件をクリアできる学校を調べていった。

そして見事に高校との出会いがあったのである。

その学校は 『唯一無二の人になりなさい』

という教えを掲げていて、

プロスキーヤーであり冒険家である三浦雄一郎先生

校長をつとめていらっしゃる高校だったのである。

息子にこんな学校があると話す前に、まず父と母が先に下見に行ってみた。

自宅からJR電車で通うことができ、学校も駅から近い。

リハビリに通う為のバス乗り場も駅からすぐだった。

いろいろな資格取得のためのサポート体制も整っている。

少人数の縦割りのクラス編成で、大学への推薦枠をたくさん持っていて、

ほとんどの生徒が大学進学しているため、みんなの影響を受けながらがんばれそうだ。

毎日通学の単位制なので、リハビリや合宿のために学校を休んだりしても何とかなるだろう。

その後の受験に向けて知的能力を高めることに多くの時間を使うよりも、

多くの体験をして自立へ向けて身に着けたいことに重点をおくことができそうだ。

障がいを持つ息子や個性のある子にはピッタリの学校だと思った。

そして何より先生方が全員心理カウンセラーの資格を持ち、

生徒を理解し寄り添ってくれていることも特徴だった。

面談に行くと

「お母さん、今までは障がいがあって可哀想だとか、大変だと思っていたと思いますが、

これからは 障がいを乗り越えてここまできたことを売りにしていけばいいですよ。

という言葉をいただいた。この言葉に救われた。

目から鱗が落ちた気分だった。

逆転の発想だった。

この学校なら息子の夢も応援してもらえるかもしれないし、叶えられるかもしれない。

この3年間で身に着けられることが息子の人生の大きな財産になるはずだと確信していた。

息子も見学し、すぐに気に入りあっという間にAO入試受験を決めていた。他の候補の学校も考えたが息子にとってはこの学校がBESTだったのだ。

これには中学の先生方も驚かれていた。

中学側としても今まで誰も行った子がない前例がない高校を、先生方に相談もせず息子が決定していたからだ。

この高校との出会いのおかげで、息子はCPサッカーを続け、大学進学もでき、

無事社会人として自立することができたのである。

自分の人生、夢は自分で切り開いて欲しいという願いは、高校選びの時に大きく方向づけられ、

その後の息子の自信につながったと思っている。

障がいを持つ子というのはそれぞれ個性があり、前例通りにはいかないのだ。

誰も行っていない、やっていないからこそ道が開けていくのだ と思い知らされた高校選びだった。