障害者のコロナワクチン接種

先日、母にワクチン接種券が届いたのに、僕のところには今だにきていない。
市の新型コロナワクチンコールセンターに問合わせの電話をしてみた。

年齢順に接種券を発送しているので、
基礎疾患があったり障害を持っていても若い僕はまだとの事。
7月下旬に発送予定ですが、かかりつけ医があるはずだから直接相談してみて下さいとの事だったので、連絡したら 8月5日、8月25日に予約する事ができた。

オリンピック、パラリンピックがある中で、健常者のワクチン接種後のデータはある程度テレビ等で目にすることは増えてきたが、障害者の等級や障害状態によりどのような副作用が出るかなかなかニュースで取り上げられていないし、情報もあまり無い。

なので、ワクチン接種をして自分の体がどうなるかが正直ものすごく怖い。
ワクチン接種したことで、最悪今までのリハビリの努力が無になる可能性がゼロではないからだ。
大丈夫だとは思うが、身体の悪化になるような副作用が出ないでほしい。

接種後には、ワクチン接種の状況を投稿しようと思う。

投稿日:
カテゴリー: ブログ

作成者: kodacchi

仮死状態で産まれ、重度身体障害者の僕が大学を卒業し公務員試験に合格できるまでになった。 25年間続けてきたリハビリ(ボイタ法)のおかげで、全日本障害者空手でメダルをとり、障害者サッカー(CPサッカー)で日本代表候補選手に選ばれた事もある。 障がいを持つ本人の目線で、ボイタ法をすることのメリット、デメリットを伝え、これから成長していく障がいをもつ人や、保護者、医療関係者、障がい者を支えて下さる方々の力になりたいと思っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です