身体の力を抜いて楽になる水泳

僕は幼稚園年中から中学1年までスイミングスクールに通っていました。

身体障がい者にとって身体の無駄な力が入っている状態から力を抜く事が大切だと思います。

スイミングをやっていた頃を振り返ると、水に浮く為の練習をしたことで、身体の力を抜く感覚が何となくわかってきた気がします。

左右の手足を使うのでバランスよく筋力が付くと思います。

習いたての頃はヘルパーとアームリングを付けて水の中で浮かぶ練習を楽しんでいました。

浮力を使えるので、身体が楽になるような気がして、泳ぐというより背浮きをしてリラックスできるのが好きでした。

おすすめの習い事です。