折れない心 ガネーシャ静岡

障害者サッカー

今年初めてのアンプティーサッカーの練習に行って来た。

コロナでなかなか練習が出来ず、自分としてはボールコントロールが全くできていなかった。

ガネーシャ静岡

というチームで練習させて頂いている自分が感じることは、

とてもアットホームで明るく、

チームを支えている人がどんどん話しかけてくれて、

その環境にいるだけで明るくなると思う。

見学しにきた人も、すぐにチームの中に入って体験し楽しめると思う。

選手一人一人が何らかの障がいがあるのに、

皆明るく、和気あいあいとサッカーを心から楽しんでいる。

良いプレーには素直に称賛して、例えミスをしたとしても、

マイナスな声かけではなく意識的にポジティブな声かけをしている。

一人一人が今の自分の目標を持ってトレーニングに取り組んでいる。

チームの関係者に理学療法士や整体師の国家資格を持った専門職もいるので安心だと思う。

今日から、清水美晴新女性監督になりテレビ取材をしていた。

理学療法士の監督なので、僕には親近感がある。

チームコンセプトが 『折れない心』だ

サッカーをすることで、いろんな人と出会い、

いろんなアドバイスをもらえるし、勇気ももらえる。

年齢、障害ある、なし、関係なく気軽に体験してみて下さい。