息子の空手道人生の始まり

息子の空手との出会いは突然だった!

小学6年生のある日曜日の朝、

当時毎週放映されていた 「笑っていい☆☆!」

という番組を見ていた息子が、

「母さん!これ習いたい!!」

と、大声で叫んでいた。

「何? 何を見て言っているの?」

と、私も慌ててテレビを見たのである。

『古武術』というもので、身体技法の研究家である甲野善紀さんが

ビール瓶の入っているケースを軽々と持ち上げたり、

目の前にいる人を人差し指一本で押して倒していた。

息子が目を輝かせて、興奮気味にテレビに釘付けになっている姿を見て、

私もすぐにインターネットで検索してみた。

古武術とはどのようなものなのだろう? と思いながら、

息子が興味をもったものを体験させてあげたいと思い

家から通えそうな古武術の道場を2ヶ所見つけた。

一番近い所にすぐに電話をかけて状況を話すと、

「それならいい先生がいますよ。」

と紹介して頂いたのが、

唯心会 春清館道場の 大川昌春師範との出会いだった。

琉球古武術振興会の師範でもある。

早速、見学しに来てみて下さいと言われ、息子と出かけて行った。

2時間の稽古をきちんと正座して真剣に見続ける息子の姿に、我が子の本気を感じたのである。

夜7時から9時まで1週間位、毎日続けて見学に行った。

古武術を習いたいと言って見学に行ったのだが、実際に稽古をしていたのは「空手」だったのである。

私の心は、

息子は古武術を習いたいと言っているのに、違うではないか…

と思っていた。

テレビで見た事を話し、師範に聞いてみると、

「これがそうです。」
との事。

テレビを見て、やりたい!と言っていた息子はどう思っているのかと聞くと、

「やりたい!」

との事。

「えっ?? 本当にこの空手をやりたいの?」

こうして息子の空手人生が始まったのである。

実はこれには驚くべき裏話があるのである。

古武術=空手

と知って、息子の血が騒いだ理由が解った気がする。

息子の父親は、小学生から剣道を始め、

社会人になってからも地元の剣道会で子ども達に教えていた。

大学時代は、空手部に所属しており、それは父親の父である息子の祖父が

大学生の時に空手部だった事が影響していたようである。

剣道も空手も共に武術であり、

息子がその古武術に引き寄せられたのは運命かのようだった。

この血を止める事はできないだろうな…

と感じつつ、息子が日に日に

空手という武術 にのめり込んでいくのを見守ってきた。

こうして今、15年も継続しているのである。

そして、息子本人は

「空手は一生やめる気は無い!」

と断言している。

息子の空手をやる目的は、

「試合で勝ちたい」

「相手を倒したい」

「強くなりたい」

ではなく、

『咄嗟の時に、自分の身を守れるようになりたいからだ。』

と、よく言っている。

大会で勝つ事が目標ではない。

技が一つずつ身に付き、できる事が少しずつでも増えている事が励みになっているので、

苦も無く継続できるのだと思う。

こんなにはまるものに出会えた事は、息子でありながら羨ましく思う。