公務員になるまでの就活

息子は、

『自分が障害を持っているからこそ解る事』

の相談にのってあげられるような仕事をしたい と言っていた。

 

そんな仕事は何処でできるのだろう?

ソーシャルワーカー?
ピアカウンセラー?

 

大学では福祉心理学を学び、

社会福祉主事、児童指導員、児童福祉司、心理判定員などの資格をとった。

 

就活はのんびりだったが、ハローワークヘ行ったり、就職相談に行ったりもしていた。

障害児施設や、放課後デイサービス、社会福祉協議会、就労支援施設など、

自分でどんどん出向いて行き、見学させてもらったり、面談して相談にのってもらったりしていた。

 

しかし、どうも息子のやりたい事とは少し違うようで、

相談に行けば行くほど

 

自分のできる事は何だろう…? 

 

と悩み始めているようだった。

 

だんだん自信が無くなってきて、投げやりな気分になってきた頃、

ちょうどコロナが流行り始め、

障害者関係の施設は見学も面談もストップしてしまった。

 

自粛生活が始まり、就職活動も一時できなくなリ、家にいる時間が長くなった頃、

インターネットであれこれと調べていたようだ。

 

何もせず時間が過ぎていくだけだし、何とかしなくては…

と親の方が心配になってきた頃、息子が

公務員試験を受ける

と言った。

 

自分が20年以上も続けているリハビリの事や、

県の障害者スポーツ指導員の資格を取り、大学時代から活動してきた

障害者にスポーツの楽しさを教えること等、

 

障害を持っているからこそ解る事を伝えたり相談にのる事

 

をやりたいと本気で思うようになったようだった。

 

試験までの間は塾に通わせて欲しいとの事。

コロナ禍の中、自分の行動範囲の中でちょうど通える所で、

良い先生を見つけ、

JRでせっせと通い始めた。

 

就職活動が全くできない時期だったので、

無駄な日々、時間を過ごすのでなく、

目標に向かって勉強する時間ができたのはラッキーだったと思う。

 

やりたい事、目標が定まると、

ほとんど親の助言無しで、自分で決めて真剣に取り組む姿が見られ、

改めて成長を感じた。

 

そして合格し、やれやれ肩の荷を下ろすことができたのである。