空手のはじまり

僕の習っている空手道【唯心会】の師範から教わった事について書き残したいと思います。

まず空手という言葉について投稿します。

 

もともと沖縄の琉球王朝時代に中国との貿易で、

武術の技術を唐の役人から習ったことが始まりだそうです。

 

空手という言葉も琉球では

唐の手(トーテー)と言われていて

漢字で唐の手と表記されていたそうです。

 

空手という表記に変わったのは、日本の本土に入って仏教の考えが入って変わったと習いました。

 

型の名前も仏教が由来になっているものがたくさんあります。