空手のはじまり

僕の習っている空手道【唯心会】の師範から教わった事について書き残したいと思います。

まず空手という言葉について投稿します。

 

もともと沖縄の琉球王朝時代に中国との貿易で、

武術の技術を唐の役人から習ったことが始まりだそうです。

 

空手という言葉も琉球では

唐の手(トーテー)と言われていて

漢字で唐の手と表記されていたそうです。

 

空手という表記に変わったのは、日本の本土に入って仏教の考えが入って変わったと習いました。

 

型の名前も仏教が由来になっているものがたくさんあります。

投稿日:
カテゴリー: ブログ

作成者: kodacchi

仮死状態で産まれ、重度身体障害者の僕が大学を卒業し公務員試験に合格できるまでになった。 25年間続けてきたリハビリ(ボイタ法)のおかげで、全日本障害者空手でメダルをとり、障害者サッカー(CPサッカー)で日本代表候補選手に選ばれた事もある。 障がいを持つ本人の目線で、ボイタ法をすることのメリット、デメリットを伝え、これから成長していく障がいをもつ人や、保護者、医療関係者、障がい者を支えて下さる方々の力になりたいと思っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です