インクルーシブな社会

怪我をした人のリハビリのために始まり、インクルーシブな社会をつくるのがパラリンピックの目標である。

インクルーシブ社会とは、障害、性別、年齢、宗教などの多様性を受け入れる社会のことだ。

障害を持っている人のイメージを変えてきているパラリンピック。

しかし競技だけでは心のバリアフリーは取り除けていない。

スポーツができない重度の障害者がまだまだいる。

主役はアスリートだけでなく、身近にいる障害者たちであると思う。

パラリンピックを通して、様々な障害があることを知って欲しい。

そしてスポーツを通して、健常者とハンデキャップを持った人との壁がなくなって欲しいし、障害にとらわれずに、

一人一人を見て多様性が認め合える社会になって欲しい。

自分と違う人達と出会って、認め合うことの大切さ、違いをどう受け止めるかが大切だと思う。

スポーツだけでなく、その人にしかできないことを見つける。

視点の持ち方が大事だと思う。

これは、障がいがある無しに関わらず、どんな子育てでも同じだと思う。

私は、息子の『障がいが強みになる』

日がくることを願ってここまで子育てをしてきた。