エスフォルソ静岡の仲間たち

僕の所属する障害者サッカーのCPサッカーチーム  AQエスフォルソ静岡 には、

僕より障がいの重い人たちがいる。

障がいが重くても頑張り、ボールを追いかけている。

そんな姿を見ると、自分が仕事で失敗して怒られたり、それでメンタルがショックを受けたりすることが、

ばかばかしく思えてくる。

障がい者の仕事というか、一番にやらなくてはならないことは、まず生きることだと思う。

彼らが頑張って障がい者アスリートとなっていくことで、それを目指す人が必ず出てくると思う。

僕の場合は、2008年のパラリンピックで水泳の鈴木孝幸選手が、

手足が無い中で泳ぎ、一人暮らしをしているのを見て、

障がい者でもここまでできるんだなあ と思った。

初めてCPサッカーの代表合宿へ行った時には、僕より重い障害を持つ選手が、

自分でスーツケースを持ち駅のホームから階段で降りているのを見て、

母が「こんな風に一人で来れるようになるのかなあ…」と言っていたのを聞いて、

中学生だった僕は頭に????? が付き、自分にはまだ全然自信がなかった。

僕のチームの現在中学生の選手がこれからどうなっていくのかが、ものすごく楽しみだ。