CPサッカーを始めた理由

僕は中学生の時サッカー部に所属し、健常の子達と一緒に練習をしていた。

僕の学年のチームは県大会に出る位のチームだった。

その子達との練習で得たものは、試合相手のいろんなチームのサッカーを見ることができたことである。

中学3年生位になるとみんな身体ができてきてパワーがついてきた。

中学3年の時、母がCPサッカーというのがあることを調べてくれて、

直ぐに連絡をし横浜で行われていた代表合宿を見学させてもらった。

僕の住んでいる地域は東海地区なので、岐阜 にしかチームはなかった。

横浜のチームが強かったので、横浜に練習に行きたいと思っていたが、その頃はまだ実力主義というより、

前から所属している子を試合に出したいので、もし試合に出たいのなら

所属地域のプログレッソに入った方が選手の人数も少なく試合に出られると思うとの助言をいただき、

中学3年生から岐阜の FCプログレッソ というチームに所属し、練習に通うようになった。

毎年CPサッカーの全国大会は岐阜で開かれている。

当時は、FCプログレッソには僕と同い年の子や、年齢の近い子がいたが、

現在ではだんだんやめていなくなり、小学生のメンバーが活動していて

岐阜まで行ってサッカーをやるメリットを感じなくなっていた。

岐阜のチームのサッカーは玉蹴りのようにただボールを蹴っているだけで、

少し物足りなさを感じていた。

その頃、地元のサッカーをやっている小学生の親の育成会の練習にも

一緒に参加させてもらったりしていた。

そんな時、静岡パラフットボールフェスティバル が清水で開かれ、見学に行った。

大学生の頃だった。

ちょうどアンプテイサッカーをやっていて、

片足が無いのに80キロ位のパンチのあるシュートを打つ選手がいて衝撃を受けた。

人間ってこんな事もできるんだ! 片足が無くてもできるんだ! と驚いた。

あのパンチ力だったら普通ののキーパーでも多分とれないだろうと思った。

そんな時にアンプテイサッカーの代表の原さんに出会った。

原さんに、自分がやっているサッカーの話をすると、一緒にサッカーやろうよと誘って下さり、

それから ガネーシャ静岡 のアンプテイの選手と一緒に練習させてもらうようになった。

CPサッカーのプログレッソの練習と比べて全然違い、ガネーシャ静岡 には

こんな障がい者もいるんだ! と驚かされっぱなしだった。

ボールのスピードもあり、シュートも決め、強豪校でサッカーを経験していた選手も多く、

サッカーってこういうものだとよく知っているので、試合をする中でいろいろなやり方を学ぶ事ができた。

2018年には僕がCPサッカーの代表選手に選考され、代表合宿に行くようになった。


それまで静岡障がい者サッカー協会の代表の先生は、静岡にCPの選手はいないと思っていたようだが、

僕が一人いることを知りサポートして下さるようになった。

静岡県でのイベントも CPサッカー選手として呼んでくださるようになった。


静岡県には障がい者サッカーの7つのカテゴリーの内、CPサッカーだけがなかったので、どうしてもCPサッカーをつくり、

サッカー王国静岡には7団体全部をつくる事が先生の使命だったのだと思う。

こうしてCPサッカー AQエスフォルソ静岡 がつくられたのである。

光栄なことに、このチーム名は 三浦泰年氏 が付けてくださった。

多くの支援者のおかげでこうしてチームが作られ、順調に活動できるようになってきた。

なので、これから少しずつでも選手を増やしていきたいと思っている。

まず最初の目標としては、来年10月頃に岐阜で行われるCPサッカーの全国大会に 

AQエスフォルソが出場することだ。

そんな簡単に勝てるものではないので、まず参加してCPサッカーというものを体感して欲しい。

勝ち負けよりも、自分の障がいを理解し、自分の身体や体調のものさしになってくればいいと思う。

CPサッカーをやることで、脳性麻痺って何なのか?を理解できるようになって欲しい。

これは自分もそうだし、これから始める子ども達やチームメイトに解って欲しいと思っている。