ボイタ法の効果を感じた時

仮死出産で生まれた僕がボイタ療法を始めて25年になります。

ボイタ法を続けてきたおかげで現在は、空手、サッカーをやり、県公務員試験に合格することができました。

僕がボイタ法をやって良くなっていると初めて感じたのは、幼稚園の年中の時だったと思います。

幼稚園の運動会の種目に障害物競走があり、

練習の時には、ハイハイで袋のトンネルをくぐる時に足が引っ掛かりできなかったけれど、

ボイタをやってもらって運動会本番には足を引っ掛けることなくうまくできた

という記憶が強くあります。

ボイタの訓練を運動会に向かってやり、体調を整えてもらうことにより、

みんなの前で完走できたことが初めて達成感を感じた出来事でした。

ちなみに僕が初めてなんとか歩くことができたのは、

幼稚園年少の入園式だったそうです。

『ボイタ法講習会のモデルをやって』 https://vojtakozou.com/blog/boitahoukoushuukainomoderuwoyatte/