僕がボイタというリハビリを始めたのは

僕が ボイタ というリハビリを始めたのは

生後11か月の時でした。

 

初めて今僕が通っている医療福祉センターを受診してリハビリを受けたとき、

歩けるようになり

本当に良くなり

普通に生活ができるようなるのか?

両親は半信半疑で不安だったそうです。

 

リハビリをする前は

首が座っていなかったそうですが、

1回のリハビリをした後は

首が座っていて 驚いたそうです。

 

ボイタというリハビリに出会い、

自分はよくなるんだ!

と信じてリハビリを頑張った結果、

普通の生活ができ

障害者スポーツをやり

成長し続けることができています。

 

自分自身の頑張りに対して

よい結果がついてこないときや、

友達がみんなできているのに自分だけできないのはなぜか?

と悩む時期もありました。

 

しかし、どんなに遠回りをしても

自分自身の目標はぶれずにやることができれば

必ず課題ををクリアすることができると思います。

 

空手の師範に言われた事ですが、

 

「他人と自分を比べるな!

前の自分と今の自分がどれだけ成長しているのかを比べなさい。」

と言われました。

 

ボイタも やる前 と 後 を比較して

自分自身が進歩していると感じることが大切

だと思います。